メバル

〓〓〓.gif
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メバル(眼張)は、カサゴ目・フサカサゴ科に分類される魚の一種。日本沿岸の岩礁域に多く生息する海水魚で、美味な食用魚でもある。

全長は最大30cmほどだが、よく見かけるのは20cmほどまでである。体はカサゴよりも左右に平たく、体高が高い。全身は黒褐色で、数本のぼんやりとした黒い横しまがある。口と目が大きく、「メバル」という和名も大きく張り出した目に由来する。

北海道南部から九州、朝鮮半島南部まで分布し、海岸近くの海藻が多い岩礁域に群れをなして生息する。カサゴのように底にとどまらず、岩礁付近を群れて泳ぎ回るが、垂直に切り立った岩場に沿ってホバリングするように立ち泳ぎすることもある。岩礁の間から温泉が湧き出ている海域では、温泉の上に集まって立ち泳ぎする姿もみられる。食性は肉食で、貝類、多毛類、小型の甲殻類、小魚などを捕食する。

カサゴと同じく卵胎生で、冬に交尾したメスは体内で卵を受精・発生させ、交尾の1ヶ月後くらいに数千匹の稚魚を産む。稚魚は成長するまで海藻の間などに大群を作って生活する。

旬は冬から春で、釣りや籠漁などで漁獲される。動くものに襲いかかるため、釣りえさも生きたスジエビなどがよく使われる。群れを作っているので一旦釣れ始めると続けて釣れることが多い。オニオコゼのような毒こそないが、鰓蓋や背びれの棘が鋭いので、扱う時は手袋やタオルなどを用意した方がよい。

美味さ ★ ★ ★ ★ ★ 
食べ方 刺身・煮付け・お吸い物
かなり美味しい!
小骨が多く食べるのに手間がかかるが、脂肪が少なく淡白な白身魚である。内臓を除いただけのものを味噌汁や煮付けなどにし、熱いうちに食べると美味。

posted by さかな博士 at 04:37 | 海の魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。