クロダイ

〓〓.gif
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クロダイ(黒鯛)とは、硬骨魚綱・スズキ目・スズキ亜目・タイ科に分類される魚。チヌという別名もよく知られている。

特徴
全長は大きいもので50cmを超える個体もある。体色は和名のとおり黒または灰色で、太くぼんやりとした縦シマがある。体型はマダイに似ているが、口が前に突き出ている。また、尻びれの前から2番目の棘条が大きく発達するのも特徴である。

北海道以南からインド、オーストラリアまで、沿岸域に広く分布する。岩礁から砂浜に生息し、夏は浅場に現れ、河口の汽水域にもよく進入するが、冬は深みに移動する。身近な海域に生息する手頃な魚だけに、昔から食用として漁獲され、釣りの人気ターゲットの一つでもある。

小魚や甲殻類、貝類などを捕食するが、マダイなどに比べて雑食性が強く、海藻なども食べる。これは釣り餌にも言えることで、ゴカイ類や小型のカニ類に始まり、カイコのさなぎ、トウモロコシの粒やスイカの小片に至るまで、人や地域によって様々な釣り餌が用いられる。

産卵は春に海域で行われる。卵は直径1mmほどの分離浮性卵で、ふ化直後の仔魚は体長2mmほどで卵黄嚢をもつ。体長8mmほどから砂浜海岸の波打ち際や干潟域、河口域などの浅所に集まり、成長する。夏から秋には海岸域で全長10cm足らずの若魚を見ることができる。若魚はスーッと泳いではピタッと停まるのを繰り返しながらえさを探す。砂底で砂煙を上げると、そこに人がいようと近寄ってきて、ゴカイなどの餌をあさる様が観察できる。

成長によって性転換する魚としても知られる。性転換する魚はメス→オスが一般的(マダイ等)なのだが、クロダイを含めてヘダイ亜科の魚は雄性先熟型というパターンで、オス→メスに性転換する。2〜3才までは精巣が発達したオスだが、4〜5才になると今度は卵巣が成熟してメスになってしまう。すべての個体ではない。適齢期なのに雌性ホルモン(エストラジオール-17β=E2)が不足したオスはいつまでもオスのままである。

美味さ ★ ★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・塩焼き・煮付け・ムニエル

身はマダイなどに比べるとやや磯くさいが、タイらしい美味な白身である。
旬は秋で洋風料理でもおいしく食べられる。
また、成長によって呼び名が変わる出世魚としても有名で、関東ではチンチン-カイズ-クロダイと変わり、関西ではババタレ-チヌ-オオスケとなる。

posted by さかな博士 at 17:45 | 海の魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。