アオリイカ

〓〓〓〓〓.gif
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アオリイカ(障泥烏賊) は、ヤリイカ科・アオリイカ属に属するイカの一種。日本沿岸に分布する大型のイカで、食用や釣りの対象として人気がある。

特徴
胴長は約40-45cm。大きいものでは50cm以上、重さは6kg以上に達する。沿岸域に生息するイカとしては大型の部類に入る。

胴が丸みを帯び、胴の縁に渡って半円形のひれを持つ。外見はコウイカに似るが、甲は薄くて透明な軟甲である。雄の背中には白色の短い横線模様が散在するが、雌は横線模様が不明瞭である。

ハワイ以西の西太平洋からインド洋の熱帯・温帯域に広く分布する。日本では北海道以南の沿岸に分布し、特に太平洋側では鹿島灘以南、日本海側では福井県の西側以南に多い。

通常は深場に生息するが、春から夏にかけて産卵のため海岸近くの浅場にやってくる。海藻や岩の隙間にマメの鞘のような寒天質の卵鞘を一ヶ所に固めて産卵する。卵からは20日ほどで孵化し、幼体は浅い海で小魚や甲殻類を捕食して成長する。夏には体長数cmの幼体が浅い海で落ち葉のように擬態し、波間に漂う様が観察できる。幼体は沿岸の浅い海で体長15cm-20cmほどまで成長し、冬になると深場に移動する。

外見がバショウの葉に似ることからバショウイカとも呼ばれる。その他藻場に産卵するため四国地方ではモイカ、九州地方ではミズイカ、クツイカなどの別名がある。

おもに大型個体が産卵のため浅場にやってくる春から夏にかけてが旬だが、地方によっては秋に浅場で成長した幼体を狙って漁獲する。

アオリイカは大型で、しかも港の防波堤などから釣れる手軽さもある。そのため日本古来の「餌木」というルアーを使ったエギング(釣り)が若者にも人気を呼んでいる。ただし一部のマナーの悪い釣り人によるゴミのポイ捨てや、釣ったイカの墨が漁港を汚すなどの問題も起きている。

美味さ ★ ★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・天ぷら・煮つけ
甘みがあってかなり美味しい!

アメリカアオリイカ ヤリイカ亜科から独立してアオリイカ亜科とする分類もある。

アオリイカ属

アオリイカ - インド洋から太平洋

オーストラリアアオリイカ - オーストラリア沿岸

アメリカアオリイカ - カリブ海
posted by さかな博士 at 14:28 | イカ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。