ウグイ

〓〓〓.gif
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウグイは、コイ目・コイ科・ウグイ亜科に分類される魚。

生態
体長は30cmほど(大きなものは50センチを超える)になる。全体にこげ茶色で側面に1本の黒い筋がある。腹部は繁殖期以外には銀白色である。春になると雌雄ともに鮮やかな3本の赤い条線を持つ独特の婚姻色へ変化する。婚姻色の赤い条線より「アカウオ」と呼ばれることもある。この時期には川の浅瀬の堆積した土砂の上で産卵をおこなう。 一生を河川で過ごす淡水型と一旦海に出る降海型がいる。

なお、近縁種としては、北海道などの河川・湖沼に生息するエゾウグイや、新潟県周辺の河川に生息するウケクチウグイなどが有名であり、いずれも完全な淡水型である。 また、汽水域や内湾、沿岸域に生息し、産卵のために河川を遡上する遡河回遊魚マルタ(マルタウグイ)も、ウグイの近縁種の一つである。

分布
沖縄地方を除く日本全国にに分布する。多くの地方でオイカワやカワムツなどと一括りに「ハヤ」と呼ばれるほか、分布の広さからアイソ、アカハラ、クキ、タロ、ニガッパヤなど各地の独特な名前が付けられている。

河川の上流域〜下流域に幅広く生息する。水生昆虫、水に落ちた昆虫、水底のコケ、小さな魚、魚の卵など何でも捕食する典型的な雑食性。補食に際して、群れを組んで泳ぎ回るので、橋の上などから魚影を確認することができる。

漁獲
水遊びの相手として古来よりなじみ深い魚である。釣りでは、ほとんどの餌に食いついてくるため、他の魚を狙う場合にも釣れることがある。マス類の禁漁期のターゲットともされている。


美味さ ★ ★ ★ ★ ★
食べ方 天ぷら・唐揚げ・塩焼き
味はいまいち
長野県では、甘露煮などで食用にもされるほか、つけば漁で獲ったウグイを、塩焼き、天ぷらなどの料理を提供している。 茨城県、群馬県などでは、アイソ漁と呼ばれる梁漁が行われている。いずれも、産卵期に漁が行われている。

独特の臭いと小骨が多いため(骨切りをすることでコリコリとした食感が得られる)一般的に食用としている地方は少ないが、燻製とされることもある。

posted by さかな博士 at 17:37 | 湖・川の魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。