ブリ

〓〓〓.gif
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブリ(鰤)は、スズキ目 アジ科 ブリ属の魚。成魚は、全長 1.5 m、体重は最大で 15 kg ほど。体に背骨に並行する形で黄色い線があるのが特徴。日本からハワイ沿岸までの太平洋北西部および日本海の水深 100 m までの大洋に生息する。温帯域の回遊魚で、日本付近で漁獲されるものは、幼魚は春から夏に日本列島を北上し、初冬から春に南下する。

出世魚
代表的な出世魚であり、大きさによって呼び名が変わる。関西と関東でも呼び名が異なる。また、地域により、関東、関西、双方の名前が相互に使用されることもある。

35 cm 以下のものを、関東でワカシ、関西ではツバス、北陸ではツバイソ

35〜60 cm のものを、関東でイナダ、関西ではハマチ(魬)、北陸では、フクラギ

60〜80 cm のものを、関東でワラサ、関西ではメジロ、北陸ではガンド(ガンドブリ)

80 cm 以上のものをブリと呼ぶ。
稚魚はモジャコ、体長 15 cm 程度のものをコズクラ、コゾクラとよぶ。

魚屋や料理店では、養殖物であれば大きさに関わらずハマチ(魬)と呼び、一方、天然物をブリと呼んで区別している場合もある。


美味さ ★ ★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・照り焼き・塩焼き・ぶり大根・煮付け
最高に美味しい!

地方によっては、出世魚であることから縁起物として正月料理(御節料理)として欠かせないものである。また正月ころのものは特に寒ブリと呼ばれ、脂が乗っており刺身や照り焼きなどにする。

また、ブリのアラを大根とともに煮付けたブリ大根や、表面を火で炙ったブリのたたきもある。

鰤寿司は、富山県の名物である。

新潟県佐渡市鷲崎では、毎年12月の第1日曜日に「佐渡海府寒ぶり大漁祭り」を開催している。


自治体の魚
日本の都道府県で、ブリを自治体の魚に指定しているのは、富山県、石川県(四季の魚、冬)、静岡県(旬の魚14選、1月)、京都府(丹後・旬の魚、冬)、福岡県(福岡のさかな12種、魚類・海面)、長崎県(長崎県のさかな、冬)、宮崎県(みやざきのさかな、冬の魚)、鹿児島県(かごしま旬のさかな、冬)である。また、香川県はハマチを県の魚、および「四季の魚、冬」に指定している。

日本の市町村で、ブリを自治体の魚に指定しているのは、佐渡市、尾鷲市、紀勢町(三重県、現大紀町)、三崎町(愛媛県、現伊方町)である。


漁業
日本国内におけるぶり類の生産量をみると、漁獲量およそ5万dに対し養殖による収穫量がおよそ15万dと大きく上回っている。


養殖
養殖ブリ類のおもな生産地は、鹿児島県、愛媛県、長崎県、大分県など。

湾内で養殖されることが多く、大抵はハマチ程度の大きさで出荷される。この為、ハマチ養殖とも言われている。

養殖に於いては小魚等を撒くため、その残りなどが海底に沈殿しヘドロを形成することが問題視されている。また、湾内であるため赤潮の影響も受けやすい事業でもある。

posted by さかな博士 at 15:47 | 海の魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。