ホウボウ

〓〓〓〓.gif
ホウボウ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ホウボウ(竹麦魚、魴鮄<魚へんに方・魚へんに弗>・学名Chelidonichthys spinosus・英名Gurnard)とは、カサゴ目・ホウボウ科に分類される魚。変わった外見と動作が特徴の海水魚で、美味な食用魚でもある。

成魚の全長は40cmほどで、日本近海に分布するホウボウ科の魚では最大の種類である。

頭が大きく、尾に行くにしたがって細くなる円筒形をしている。腹面は白いが背面は灰褐色と赤のまだら模様をしている。頭部は硬い骨板におおわれ、とがった鼻先の下に大きな口が開く。胴体はザラザラした細かい鱗におおわれる。

胸びれは半円形で大きく、翼のように水平方向に広がる。色は鮮やかな青緑色で、青の縁取りと斑点に彩られている。胸びれの一番下の軟条3対は赤く、遊離して太く発達しており、これを脚のように動かして海底を「歩く」ことができる。ホウボウの名はこのようにして「方々」歩き回るところから来たと言われている。


腹びれも三角形で大きいが、胸びれの直下であまり目立たない。背びれは2つあり、前の背びれは三角形にとがる。後の背びれと尻びれは長方形をしている。尾びれは三角形で、後端に青い縁取りがある。

魚ではあるが飛行機か昆虫類にも似た体型と、鮮やかな体色をもっている。

また、うきぶくろでグーグーと音を出して鳴くことができ、ホウボウという和名はこの鳴き声からつけられたという説がある。ホウボウのうきぶくろを指して「鳴き袋」ともよぶ。

北海道南部以南から黄海、東シナ海、南シナ海まで分布する。水深100-200mほどの砂泥底に多く生息するが、生息域は浅い海から水深600mほどの深海まで幅広い。

移動時は胸びれをたたみ、体をくねらせて泳ぐが、獲物を探す時は胸びれを広げ、脚のように変化した胸びれの軟条3対で砂泥底を歩くように泳ぐ。この軟条の先で味を感じることができ、砂にもぐった獲物を探る。食性は肉食性で、エビ、カニ、小魚などを大きな口で捕食する。


繁殖期は春で、浮性卵を産卵する。卵はプランクトンとして浮遊し、数日のうちにふ化する。ふ化した稚魚もしばらくは浮遊し、他のプランクトンを捕食しながら成長するが、やがて海底で生活するようになる。幼魚は全身が黒いが、大きくなるにつれ体が赤っぽく、胸びれが緑になってゆく。


旬は冬で、おもに底引き網で漁獲されるが、イトヨリダイやヒラメ、カレイなどと共に釣りで漁獲されることもある。


美味さ ★ ★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・煮付け・唐揚げ・塩焼き・鍋料理・干物
かなり美味しい!
カナガシラなどに比べて頭部が小さくて身も多い。身は白身だが生では薄いピンク色がかっており、旨みと歯ごたえがあって美味。料理法も多種多様である。


別名
キミ、キミヨ、キミウオ(石川県から青森県にかけて)、ドコ(秋田県)、カナガシラなど

近縁種にカナガシラがいるが、ホウボウも地方によっては「カナガシラ」とよばれる。頭が固い骨板でおおわれていることから「金頭」である。
中東のほうでは、飛行機や凧を意味する「タイヤール」と呼ばれることもある。


近縁種
ホウボウ科の魚は熱帯から温帯にかけてのやや深い海に広く分布し、140種類ほどもいる。

日本近海ではホウボウ属(Chelidonichthys 属)の種類は少ないが、カナガシラ属(Lepidotrigla 属)とソコホウボウ属(Pterygotrigla 属)の種類が多い。胸びれの模様や頭部のとげなどが種類によって非常に変異に富んでいる。

どれも底引き網で多く漁獲され食用になる。肉質は良いが可食部が少ないので、小型のものは蒲鉾など魚肉練り製品の原料としても使われる。

カナガシラ Lepidotrigla microptera

全長30cmほど。口先には2本の短いとげが突き出る。胸びれがやや小さく、胸びれを含めた体上面が一様に赤っぽい。第1背びれに大きな鮮紅色の斑点がある。多くの近縁種がいる。
ソコホウボウ Pterygotrigla hemisticta

全長30cmほど。口先に1本、鰓蓋に1対のやや長いとげがあり、目も大きめ。第1背びれに大きな黒い斑点がある。ホウボウやカナガシラより深い海に生息する。多くの近縁種がいる。
posted by さかな博士 at 10:54 | 海の魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。