ベラ

〓〓〓〓.gif
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベラとは、スズキ目・ベラ亜目・ベラ科 (Labridae) に分類される魚の総称である。ホンソメワケベラ、キュウセン、カンダイ、メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)など多くの魚を含む。


概要
4亜科・60属・500種類ほどが知られる大きな科である。全世界の熱帯から温帯に広く分布し、浅い海の砂底、岩礁、サンゴ礁に生息する。日本にも数多くの種類が分布している。

成体の大きさは全長10cmほどのホンソメワケベラから、2m以上に達するメガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)まで種類によってちがうが、ふつう海岸で見られるのは全長20cmほどの種類が多い。体は細長くて縦に平たく、海藻やサンゴ、岩のすき間をすり抜けるのに都合がよい体型をしている。また、種類によっては体をくねらせて砂にもぐることもできる。

体表はスズキ類やイワシなどにくらべて粘液が多く、ぬるぬるしている。体色は種類によってさまざまで、白、黒、青、緑、橙、赤などの組み合わさった美しい体色の種類もいる。また、性別や成長の度合いによって体色がちがう種類もいて、同種でもオスとメス、幼魚と成魚で別種のようにみえる種類もある。

雌性先熟の性転換をすることが知られており、性転換して雄になった個体は雌を惹きつける派手な色彩に変化し、縄張り内の複数の雌と繁殖を行う。また、種類によっては生まれながらの雄もいる。前者を二次雄、後者を一次雄と呼ぶ。一次雄は集団産卵やスニーキングやストリーキングにより繁殖を行うが、二次雄と同じ派手な色彩に変化し、縄張りを持つこともある。

ほとんどの種類が肉食性で、丈夫な歯をもち、ゴカイや貝、甲殻類などを捕食する。また、ほぼすべての種類が昼行性で、夜は岩陰にひそんだり、海底の砂にもぐったりして眠る。同じようにして冬眠をおこなう種類もある。


利用
日本の沿岸魚としてポピュラーで、春から秋にかけてよく漁獲されるが、冬季のカンダイなど一部を除くと漁業価値は低い。特に釣りで多く漁獲されるが、関東では、「餌盗り」や「外道」として扱われ、釣ったその場で捨てられることもあるが、関西では高級魚として扱われ専門の遊漁船も出るほど人気がある。なお夜は休眠するので、あまり漁獲されない。


美味さ ★ ★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・煮付け・唐揚げ・南蛮漬け

身は柔らかい、いろいろな料理で食べられる。キュウセンは関東地方などの東日本では評価が低いが、関西以西ではギザミと呼ばれ、美味な魚として評価されていることが多い。


別名
クサビ、クサブ(長崎県)


分類
タキベラ亜科 Bodianinae - イラ、キツネダイ、タキベラ、カンダイなど
ブダイベラ亜科 Pseudodacinae - ブダイベラ
カンムリベラ亜科 Corinae - ニシキベラ、ホンソメワケベラ、ホシササノハベラ、アカササノハベラ、キュウセン、ホンベラ、カンムリベラなど
モチノウオ亜科 Cheilininae - メガネモチノウオ、テンスなど

おもな種類
イラ
全長40cmほど。背中はピンク色で顔と尾は青っぽく、背びれと尻びれは黄色っぽい。成長したオスの額はでっぱる。胸びれの上に黒っぽい斜めの線がある。

カンダイ
幼魚は体が赤く、背びれ、尻びれ、尾びれが黒、目から尾びれまで白い線が走る。成長すると全身が赤褐色になり見た目は全く別の魚になってしまう。成長したオスは全長60cm以上にもなり、額がでっぱるので「コブダイ」という別名もある。冬が旬で高級魚として扱われるが、中毒した例もあるらしい。

ニシキベラ
全長20cmほど。ホンベラによく似ているが腹部が青い。

ホンソメワケベラ
全長10cmほどの小型種。体側に黒い縦帯がある。他の魚の掃除をするので有名。

ホシササノハベラ ・アカササノハベラ
全長20cmほど。体色は褐色だがアカササノハベラは名のとおり赤みが強い。最近まで同種「ササノハベラ」として扱われていた。外洋に面した防波堤などでよく釣れるおなじみの魚。

キュウセン
本州以南に広く分布し、岩礁と砂底が入り混じったような環境に多い。メスは20cmほどで体色は黄褐色だが、成体のオスは30cmを超え、体色も黄緑色をしている。成長するにつれメスからオスへ性転換すると考えられている。オスメスとも赤い点線が縦に数本はいり、目から尾びれまでと背びれの根もとに黒い線が走っている。夜や冬は砂にもぐって休眠する。

ホンベラ
全長20cmほど。体色は緑が主体でキュウセンのオスに似ているが、体が小さく、黒い線もない。

メガネモチノウオ
インド洋から太平洋のサンゴ礁に分布する巨大魚で、ナポレオンフィッシュともよばれる。成長したオスは全長2mを超え、カンダイのように額がでっぱる。メスは全長1m以下で、額はでっぱらない。

テンス
全長30cmほど。体色は赤っぽく腹びれと尻びれは黄色っぽい。砂底にすんでいて、敵がくると一瞬で砂にもぐりこむ。
posted by さかな博士 at 23:18 | 海の魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。