イシガキダイ

CVKL_C.gif
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イシガキダイ(石垣鯛)は、スズキ目イシダイ科に属する魚。形態、習性ともイシダイに似ている魚で、イシダイより暖かい海に棲息。

分布域はイシダイよりやや南方系で太平洋岸では房総半島以南、日本海側では山口県以南に棲息する。食用にされ、釣りの対象魚として人気がある。全長は最大で80cmを超える。近縁種のイシダイより成長が速く、より大型に育つと言われている。

体型は、イシダイとほぼ同じだが、無数の斑紋を散りばめたところからイシガキ模様を連想させ、「イシガキダイ」と名付けられた。

イシガキダイ、イシダイともに、体長50cmを超えるような大型個体は縞模様やイシガキ模様が消滅して全体が灰色となる。

このときイシダイでは口の周囲が黒くなるために釣り人などから「口黒(くちぐろ)」と呼ばれる一方で、イシガキダイの場合には白くなり、「口白(くちじろ)」と呼ばれる。こうした老熟個体では80cm級のものも発見されている。


美味さ ★ ★ ★ ★ ★
食べ方 刺身・塩焼き・煮付け

最高に美味い!

刺身がたまらなく美味しい、イシガキダイは白身の魚で最高級品として扱われている。

雌は大きくなっても斑紋は残る。南の海ほど、口が白くなるのが早いようで、30cmくらいから口が白くなりかけているのがいる。一般的に言って、イシガキダイはイシダイに比べて、口がとがり、体高は高い。人によってはイシダイより美味(旬は夏)という。

背鰭軟条は15〜16本で、イシダイの17〜18本に比べて少ない。

イシダイとイシガキダイの人工交雑に1959年に近畿大学水産研究所で成功し、この雑種を「イシガキイシダイ」または「キンダイ」と名付けられ放流も行われた。またこの「イシガキイシダイ」「キンダイ」は、天然での交雑も確認されている。


posted by さかな博士 at 05:13 | 海の魚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。